Instruments
 使用武器



7コース ルネサンスリュート
Georg Gerle model/ David van Edwards, 2003

ウィーンの古楽器博物館に所蔵されている、
ボディが象牙でできているGerle作のリュートを模して、
象牙の代わりにカエデで作られたものです。
背中の部分も白いです。
ペグ(糸巻き)がハート型なのがちょっとかわいいです。
オリジナルリュートはこんなのです。

製作家 David van Edwardsのウェブサイト
http://www.vanedwards.co.uk/
14コース アーチリュート
西村順治, 2014

やっとできあがりました。
世界的名工による渾身の一作…
がんばって弾きこなしたいと思います。
6コース ヴィウエラ/ビウエラ 'Aldonza'モデル
Carlos Gonzalez (2018)

スペインの楽器製作家Carlos Gonzalez氏が、潜水歴史学のJess Alonso氏と共同で研究した成果です。
フロリダ沖に沈んだ船から引き上げられた楽器の破片を組み立てて、モデルリングしたものです。
実際に沈んでいた楽器はもっとネックが長いのですが、私の演奏スタイルやレパートリーの都合で弦長は59センチにしてもらいました。
Aldonzaは、共同研究者のAlonso氏に因んで名付けたということです。

もどる



Copyright (C) Tomoko Koide All rights reserved.